【これで解決!】スマホで急に画面が消える不具合

こんにちは、ヤマトです。

今日はスマホを使っていて起こるトラブルを取り上げます。

 

スマホを長く使えば使うほど、

様々なトラブルが起こりやすくなります。

 

今回取り上げるのは、

急に画面が消えてしまうトラブルです。

スマホで急に画面が消える!

 

普通にスマホをいじっていたら、

急に画面が消えて真っ暗になってしまう。

 

しばらく待つと電源起動画面に移り、

何事もなかったかの様に動き始めます。

 

ですが急に画面が消える現象。

「何があったのか!?」と不安になりますよね。

まず考えられる原因は、

スマホを長く使っているケース。

 

一概にまとめることはできないのですが、

3年近くスマホを使っていると、

スマホ内部で不具合が発生しやすくなり、

急に画面が消えてしまうこともあるのです。

 

これはスマホに寿命が来ているケース。

もちろん使い続けることはできますが、

この先何度も同じ現象が起こるでしょう。

 

機種変更を検討するタイミングだと言えますね。

あるいは買ったばかりのスマホでも、

画面が急に消える現象が起きることもあります。

 

この場合はスマホ内部の故障ですので、

ショップへ修理に出すことをオススメします。

 

一概には言えませんが

購入前に原因がある場合の修理は、

無料で引き受けてくれることが多いです。

 

とはいえすべての原因が

スマホの寿命や故障というわけではありません。

 

これから紹介する原因については、

自分の意識次第で解決できるものです。

何日も電源を切ってない

 

スマホも電子機器。

パソコンと同じですね。

 

パソコンの電源を何日も付けたままにすると、

動作が重くなったり固まったりと

不具合が起こる原因になります。

 

特にスマホだとアラームを設定していれば、

電源を切らずに使ってしまいがちです。

 

何日も電源を切らずに使っていると、

その影響で画面が急に消えてしまう現象が起こります。

 

解決策としては簡単で、

定期的に電源を切って下さい。

 

私は朝起きるのが非常に苦手なので、

夜中は電源を切れません。

 

そのため仕事中や移動中など、

使わない時間には電源を切っておくことで

スマホを休ませることができます。

 

同時に複数のページを立ち上げている

次に考えられるのが、

同時に複数のページを立ち上げていること。

 

ネットやSNS、メールや動画など、

画面を閉じずに開きっぱなしにしていると、

単純にスマホが重くなってしまいます。

 

ホームボタンを押してしまえば、

画面を開いたまま別の画面を開けますからね。

 

あまりにも多くのページを同時に開いていると、

急に画面が消えてしまうこともあります。

 

一度立ち上げたページは閉じる。

あるいは多くのページを同時に開かない。

これを徹底してください。


コメントを残す

このページの先頭へ