【焦る!】facebookの「ひどいね」の取り消し方法とその後の対応

こんにちは、ヤマトです。

今日はfacebookについて取り上げます。

 

facebookも日夜進歩している様で、

今まで見なかった機能が急に装備されていることがあります。

 

今回取り上げるボタンの多様化もその1つ。

以前までは「いいね」しかなかったのが、

顔文字の様に複数のボタンが装備される様になりました。

 

相手の投稿に対しての反応が、

「いいね」だけだと何だかシンプル。

 

「いいね」だけでは伝え切れない部分を、

顔文字のボタンで補ってくれる様になったのでしょう。

 

ですがボタンの多様化にはデメリットもあります。

「ひどいね」ボタンを押してしまった…

SPONSORED LINK

多様化したボタンの中に、

「ひどいね」というボタンがあります。

 

怒った様な顔文字のため、

このボタンが押されていることはあまり見ませんが、

イライラした時や抗議をしたい時等に、

「ひどいね」ボタンをみかけることがあります。

 

怒った様な顔文字の印象が強烈なので、

このボタンを見ると思わず目をとめてしまいますよね。

そして「ひどいね」ボタンを、

うっかり間違って押してしまった時。

これは相当焦りますよね…

 

「ひどいね」の取り消し方法

ひどいねボタンをうっかり押してしまった場合は、

一刻も早く取り消したいと思います。

 

取り消す方法は簡単。

「ひどいね」ボタンの所を再度押して、

他のボタンを押してください。

 

「いいね」ボタンを押せば、

「ひどいね」から「いいね」へと変わります。

 

これだけで取り消すことができるので、

意外と簡単なのです。

「ひどいね」を押すと相手にバレるの?

SPONSORED LINK

ですがここで疑問が浮かぶはずです。

 

「自分がひどいねボタンを押したことは、相手に通知されるのか…?」

 

結論から言うと、相手に通知されます。

 

facebookのお知らせ欄に、

あなたがリアクションをしたことが通知されます。

 

「ひどいね」を押したことは通知されませんが、

リアクションがあったことが通知されれば、

ほとんどの人が自分の投稿を見るでしょう。

 

そこで「ひどいね」ボタンが押されていることに気づくのです。

 

 

ちなみに「ひどいね」ボタンを取り消したことは、

相手には一切通知されません。

 

相手が自分の投稿を確認する前に

「ひどいね」ボタンを取り消すことができれば、

相手にばれずに済む可能性もあります。

 

オススメする対策

「ひどいね」ボタンを取り消したとしても、

相手に対しては個別にフォローのメッセージを送るのがベストです。

 

「押し間違えちゃった」とひと言でもフォローがあると、

相手も安心しますからね。

 

相手が「ひどいね」ボタンの存在を確認したかどうか。

これはわからないので、まず自分から連絡することで、

相手を安心させることができます。

 

仲が良い人やお世話になっている人であれば、

このフォローメッセージは特に大事になって来ますよ。

★合わせて読みたいFacebookの記事はこちら★

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒Facebookでタグ付けを外す方法【既に投稿された写真にも使える】

⇒Facebookで既読をつけないでメッセージを読むならボタンを押すだけ

⇒Facebookの公開範囲を自分のみにする方法【バレずに修正できる】

⇒Facebookのプロフィール変更を友達に通知しない方法【1分で設定完了】

⇒【メッセンジャーの通話が聞こえない】一瞬で聞こえやすくする方法

⇒フェイスブックのメッセージで改行するにはEnterじゃなくShift

⇒Facebookのメッセージで既読をつけないで確認する【裏ワザ】

⇒Facebookのメッセージで位置情報を消し去る【裏ワザ】

⇒【Facebookの友達がタグ付けできない】実はあなたのせいじゃない

⇒Facebookを友達以外見れない様にする方法【投稿やプロフ写真にも?】

⇒【Facebook裏ワザ】友達から削除してもばれない方法

⇒【実は超簡単】Facebookで一度削除した友達を復活させる方法

⇒【Facebookが乗っ取られた!】被害を最小限に防ぐ即効対策を実体験から

⇒【疑惑を検証】Facebookで友達以外の人にメッセージは届かないのか?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒Facebookに偽名登録したのにばれた!?【こんなケースは要注意】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ