【解決】facebookで友達申請ができない原因と対策

こんにちは、ヤマトです。

今日はfacebookについて取り上げます。

 

何度か会っただけの人に対しても、

気軽に友達申請できてしまう。

 

しかもTwitterと違って、

ほぼ実名でやっている人ばかりです。

 

Facebookは非常に便利なSNSの1つですし、

私も毎日の様にログインしています。

 

Messengerがあれば個別でやりとりできるので、

わざわざLINEでつながらなくても、

Facebook1つで済んでしまうのも魅力です。

 

さて、今回はfacebookの友達申請について取り上げます。

Facebookで友達申請ができない!

SPONSORED LINK

Facebookで誰かと友達になる上では、

友達申請を行う必要があります。

 

相手から承認されることで友達になれ、

また自分も相手から申請が来れば承認するかを選べます。

 

投稿や写真、基本情報について、

友達のみに公開範囲を設定している人も増えていますし、

気になる人がいたら友達申請を行うのは必須と言えます。

 

ですがFacebookユーザーの中には、

友達申請をしようとしてもできないケースもあります。

友達申請をしたのに承認されない場合

SPONSORED LINK

もしあなたが友達申請を送ったにも関わらず承認されない場合、

理由は大きく2つ考えられます。

 

まず1つが、相手が承認することを忘れている場合。

Facebookになかなかログインしていなかったり、

うっかり見落としている場合がこれに該当します。

 

もし面識がある方の場合は、

Facebook以外で連絡をして、

友達申請を送ったことを伝えてみるのも手です。

 

そして2つ目の理由は、

そもそも友達申請を承認する意思がない場合。

この場合はどうすることもできませんね。

 

友達申請がそもそもできない場合

友達申請のボタンが表示されず、

そもそも友達申請ができないケースもあります。

 

まず考えられるのは、

相手が友達申請できる人の設定に条件を設けている場合。

 

実は友達申請は設定次第で、

誰でもできなくなってしまうのです。

 

「設定」→「プライバシー」と進むと、

「私に友達リクエストを送信できる人」という項目があります。

 

通常は「全員」となっていますが、

「友達の友達」までしか申請できない様に、

設定を変更することもできます。

 

もしあなたが申請を送りたい相手から見て、

「友達の友達」に該当しない場合、

友達申請ボタンすら表示されないのです。

 

基本的には上記の理由がほとんどですが、

もし相手の友達が5000人いた場合は、

友達申請ができなくなっています。

 

よほどの有名人ではない限り、

Facebookの友達の上限は5000人となっています。

 

この場合は友達申請ができませんので、

もし相手の投稿が読みたい場合は、

「フォロー」をするより他に方法がありません。

★合わせて読みたいFacebookの記事はこちら★

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒Facebookでタグ付けを外す方法【既に投稿された写真にも使える】

⇒Facebookで既読をつけないでメッセージを読むならボタンを押すだけ

⇒Facebookの公開範囲を自分のみにする方法【バレずに修正できる】

⇒Facebookのプロフィール変更を友達に通知しない方法【1分で設定完了】

⇒【メッセンジャーの通話が聞こえない】一瞬で聞こえやすくする方法

⇒フェイスブックのメッセージで改行するにはEnterじゃなくShift

⇒Facebookのメッセージで既読をつけないで確認する【裏ワザ】

⇒Facebookのメッセージで位置情報を消し去る【裏ワザ】

⇒【Facebookの友達がタグ付けできない】実はあなたのせいじゃない

⇒Facebookを友達以外見れない様にする方法【投稿やプロフ写真にも?】

⇒【Facebook裏ワザ】友達から削除してもばれない方法

⇒【実は超簡単】Facebookで一度削除した友達を復活させる方法

⇒【Facebookが乗っ取られた!】被害を最小限に防ぐ即効対策を実体験から

⇒【疑惑を検証】Facebookで友達以外の人にメッセージは届かないのか?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒Facebookに偽名登録したのにばれた!?【こんなケースは要注意】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ