【解決策】カカオトークで通話が切れる・できない・つながらない不具合

こんにちは、ヤマトです。

今日はカカオトークについて取り上げます。

 

LINEの裏アカ的に使われ、

LINEの薬半数のユーザー数と言われているカカオトーク。

 

私も使い始めたのですが、

「本当につながりたい人とだけつながる」上では、

カカオトークは非常に便利だなと感じています。

 

一時期テレビCMが流れていたのですが、

その後はまったくテレビで見なくなったので、

「知ってるけど…まだあるの?」と思い込んでいる人も多いです。

 

LINEとカカオトークを同時並行で使っている人、

私の周りにも多いんです。

 

そしてLINE同様にカカオトークでも通話ができるので、

非常に便利なんですよね。

カカオトークの通話に不具合が…

 

そしてLINEでも多くの方が悩んでいるのですが、

カカオトークでも通話の不具合が散見されます。

 

急に切れてしまったり、

通話が最初からできなかったり、

つながらない(つながりにくい)状態になったり、

 

私も通話していて不便さを感じることはあります。

 

もちろん無料なので妥協はできるのですが、

できれば心地良い状態で通話したいですよね。

 

 

今回は現時点で判明している、

通話の不具合の原因と解決策をお伝えします。

※今後新たな情報がわかり次第、追記していきますね。

夜は声が聞こえにくい

 

多くの人がカカオトークを使用するのは夜。

特に夜の9時以降の利用は集中します。

 

カカオトークに限らず、

普段スマホを使う時間はいつ頃かを問いかけていただければ、

この時間帯はおおむね納得できると思います。

 

同時に使っている人が多ければ、

それだけ通信状況も悪くなります。

 

声が聞こえにくくなったり、

そもそも通話ができなくなることがあります。

 

できればこの時間を外して通話するのが良いですが、

次善の策としては電波状況が良い場所で通話を行うことをオススメします。

 

例えば私はポケットWifiを使っていますが、

夜の時間は電波状況が悪く、

ネットを使うのも苦しい時間帯があります。

 

それならば回線を引いてしまった方が、

電波状況としては安定しますよね。

速度制限にひっかかっていないか

特に格安スマホユーザーに多く見られるのが、

通信量の制限を超えてしまい速度制限がかけられているケース。

 

スマホの使い過ぎによって、

カカオトークだけでなく他のSNSやネットも、

読み込みが非常に遅くなっているのです。

 

この状況で通話すると声が聞こえにくくなりやすいです。

 

この場合、回線やWifiに接続することで、

通信量の制限とは関係なく通話できます。

 

人混みではつながりにくい

また大型ショッピングモールや遊園地など、

人が多い所ではつながりにくくなってしまいます。

 

人混みを避けて通話することをオススメしますよ。

 

スマホ自体が重くなっている

最後に疑って欲しいのはスマホ。

例えばSNSやネット、写真など、

一度に複数のページを開きっぱなしにしていると、

スマホが重くなってしまいます。

 

突然スマホが固まってしまったり、

再起動を起こしてしまう原因にもなりますので、

開いているページを閉じることが、

カカオトークの通話状況の安定にもつながります。

 

また、内部ストレージが95%を越えていると、

カカオトークに限らずすべてにおいて、

突然の不具合が起こりやすくなります。

 

スマホ内部にデータがいっぱいな状況なので、

定期的に内部ストレージの掃除をすることをオススメします。


コメントを残す

このページの先頭へ