カカオトークで友達が消えた!?【原因を解説】

こんにちは、ヤマトです。

今日はカカオトークについて取り上げます。

 

実は水面下で人気が急上昇しているSNSがカカオトーク。

LINEとほぼ同じ様な機能が使えながら、

LINE程の知名度はありません。

 

LINEは表のアカウントとして使い、

裏アカ的にカカオトークを使う。

この様に、SNSを使い分けている人が増えています。

 

本当につながりたい人とつながれたり、

ヒミツにしておきたい人との関係性でも、

カカオトークは案外便利に使えるのです。

 

私もLINEとカカオトーク、両方を使いこなしています。

 

とはいえカカオトークの知名度がまだまだのため、

疑問が浮かんでも解説しているサイトが少ないのが現状です。

 

そこでこのサイトでは、

カカオトークに関する情報をまとめています。

突然友達が消えた!

 

カカオトークを使っていて突然、

友達がカカとものリストから消えてしまうことがあります。

 

私も何度か経験したのですが、

「ブロックされたのでは!?」とビックリしました。

 

ただ結論をお伝えすると、

突然友達が消える現象は、

決して自分がブロックされたわけではありません。

 

ブロックされた場合でも、

相手のプロフィールは普通に表示されますし、

トークの履歴も確認できます。

 

それにトークや写真も普通に送れます。

※永遠に既読になることはありませんが…

 

ブロックされたことで、

カカともから相手が消えてしまうことはないのです。

相手側に問題がある

 

突然リストから消えてしまった原因は相手側にあります。

 

考えられる主な原因は、

相手がカカオトークを退会したこと。

 

そもそもアカウントが消滅してしまったので、

友達リストからも消えてしまったのです。

 

アカウント自体を削除しているので、

SNSが嫌になったとか、

カカオトークの利用頻度がほぼなかったとか、

相手側にすべての原因があります。

 

「何か悪いことをしたかな…」

心配になることは決してありませんよ。

なおこの場合、相手が再びカカオトークを始めたら、

また1からカカともになる必要があります。

自動的にカカともに「復活」はしません。

 

またもし他に理由が考えられるなら、

自分が相手をうっかり非表示設定にしてしまったことです。

 

この場合、非表示設定を解除することで

問題なく相手が表示される様になりますよ。


コメントを残す

このページの先頭へ