【ポケモンサンムーン】ベトベター・ベトベトンが異次元のカラフルさ

こんにちは、ヤマトです。

今日はポケモンサンムーンについて取り上げます。

 

2016年11月18日に発売されるサンムーン。

ポケモンGOの人気もあってか、

かなり注目度がアップしていますよね。

 

任天堂も発売前に情報を小出しにしていますし、

個人的にも期待感が大きいです。

 

以前、サンムーンのまとめ記事を作りましたが、

個人的には「本気を出すカビゴン」がツボでした。

今まで本気を出してなかったのかよ…って(笑)

 

ただ、確かに起き上がる角度を見て行くと、

任天堂が狙ってやったなら本当にすごいなと感心してしまいます。

ベトベター・ベトベトンがカラフルで怖い

SPONSORED LINK

さて、ポケモンサンムーンには、

「リージョンフォーム」と呼ばれるポケモンが存在します。

 

今までのシリーズで登場したポケモンが、

アローラ地方独特の気候によって、

今までとは異なった姿をしているのです。

 

以前はナッシーについて取り上げましたが、

首がものすごく長くなっていますよね(笑)

 

そんな中、ベトベターとベトベトンが、

まるで渋谷をたむろするイケイケな若者風に、

ものすごくカラフルに変貌を遂げたのです。

 

ベトベターの画像はこちら

ベトベトンの画像はこちら

ポケモンサンムーン アニメ サトシ 顔 声優 画像

 

アローラ地方のゴミを食べ尽くす内に、

色が変色してしまったのがその背景。

 

今の日本のゴミ問題によって生態系が変わるのを、

ポケモンの中で体現しているともいえますね(笑)

 

…にしても、ベトベトンは衝撃です。

もはやカラフルすぎて怖いですね…

 

多くのゴミを食べ続けた結果、

色までカラフルになったということ。

 

ただしこの色はゴミから生まれているだけあって、

どこか悲しげですね。

SPONSORED LINK

リージョンフォームのポケモンをコンプリートする

ポケモンGOが大流行したこともあって、

初期のポケモンにハマっていた人が戻って来る可能性もあります。

 

そんな時にリージョンフォームのポケモンを見つけたら、

思わずテンションも上がってしまうでしょう。

 

他にもリージョンフォームのポケモンはいますが、

個人的にはニャースが気になっています。

 

甘やかされて育てられすぎたため、

ワガママでプライドの高いニャースに変貌を遂げたとのこと。

 

公式サイトの説明を見ると、

どのポケモンもしっかりとした背景があるので、

大人でも十分に楽しめる内容になっているといえますね。

ポケモン サンムーン 御三家 進化 最終進化 画像

★ポケモンサンムーンについてさらに情報を知る★

⇒ポケモンサンムーンでメガシンカはなくなる?それとも継続する?

⇒ポケモンサンムーンでジムリーダーはいない!?【島めぐりがポイント】

⇒【ポケモンサンムーン】ウルトラビーストの極秘情報が次々公開!

⇒【アニメ】ポケモンサンムーンでサトシの顔が幼くなった最もな理由

⇒【アニメ】ポケモンサンムーンの新ヒロインが超絶可愛い料理人だった

⇒【随時更新】ポケモンサンムーンの最新情報まとめ!アニメ情報も

LINE ばれない 退会 画像

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【ポケモンGO】ガルーラを日本でゲットするにはたまごからの孵化?

⇒【ポケモンGO】進化のタイミングは要注意!CPの伸び幅が把握できる

⇒【朗報】ポケストップで桜の花びらが舞っているのは大チャンス!

⇒【Instagram】ハッシュタグが上手くつけられない原因と対策を解説

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ