【ポケモンGO】サンダー・ファイヤー・フリーザーの入手方法を解説

こんにちは、ヤマトです。

今日はポケモンGOについて取り上げます。

 

2016年7月22日にリリースされたポケモンGO。

アメリカでは先行は威信されており、

話題が話題を呼んで日本でも大変なことになってますね。

 

ピカチュウも止めて新宿御苑へ向かう人もおり、

入園料を払ってスマホをいじり続けていました。

 

経済は多少は潤うのでしょうが、

何も知らない人からすると奇妙な光景ですよね(笑)

 

さて、今回は伝説のポケモン。

サンダー、ファイヤー、フリーザーについて取り上げます。

サンダー・ファイヤー・フリーザーの入手方法

SPONSORED LINK

以前にポケモンの出現しやすさを、

レア度別に表にしてまとめました。

⇒【ポケモンGOのレア度早見表】地域限定で出現するポケモンも!

 

地域に関係なく出やすいポケモンもいれば、

特定の条件下で出現しやすいポケモンも存在します。

 

まぁ東京がポケモン自体が出現しやすいとウワサされてますが、

それでも全種類を見つけられるかというと難しいです。

 

そんな中でサンダー、ファイヤー、フリーザー。

伝説のポケモンはどうすれば入手できるのでしょうか?

 

まだ誰もその存在を見ていませんし、

もはや「存在するのか?」レベルの話になっていますね。

DINGO E 評判 評価 口コミ レビュー 画像

これについてはゲームを思い出して下さい。

伝説のポケモンと遭遇できたのは、

一定以上ゲームが進んでからでしたよね?

 

レベルもある程度上がってからでしたし、

確かマスターボールも所持していました。

 

つまりポケモンGOでも同じ。

ある程度レベルが上がらなければ、そもそも出現しないと言えます。

 

万が一出現したとしても、

手元にモンスターボールしかなければゲットできませんよね?

 

ということで、まずはレベルアップする。

最低でもハイパーボールが持てる様になっている。

これは最低条件ですね。

属性に近い地域で遭遇する?

SPONSORED LINK

上記の条件を満たしていたとすれば、

後は遭遇する場所が問題になって来ます。

 

伝説のポケモンにも属性は存在しますし、

彼らにゆかりのある場所で遭遇できるでしょう。

 

例えばファイヤーなら炎に関係のある場所で、

一般人が入っても安全な場所でしょう。

 

例えば火山活動が活発な地域。

箱根にも観光地がありましたよね?

あるいは桜島なんかも怪しいですね?

 

それぞれに関係のある場所。

かつ一般人が入れる場所。

これがポイントです。

 

伝説のポケモンはアップデート後に登場?

ZTE BLADEE01 評価 評判 口コミ レビュー 画像

ただし任天堂も考えています。

すぐに伝説のポケモンが登場してしまうと、

一気にコンプリートして飽きてしまうユーザーも出ます。

 

実は伝説のポケモンは、

現行のポケモンGOには存在しません。

 

今後アップデートが行われてから、

出現することになっている様です。

 

とにかく、まずはレベルアップに注力する。

これしかないですね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【朗報】ポケストップで桜の花びらが舞っているのは大チャンス!

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ