【ポケモンGO】タマゴを捨てることはできるのか?疑問に回答!

こんにちは、ヤマトです。

今日はポケモンGOについて取り上げます。

 

日常生活の風景の中にポケモンがいて、

自然と外を歩きながらポケモンを探したくなってしまいます。

 

家の中にもポケモンが出現することがあり、

写真に収めてSNSで拡散するのは楽しいですよね。

ポケモンのイラストもかなり忠実なのも嬉しい所です。

 

先日、日本でもポケモン図鑑を完成させた人がニュースになりました。

 

1週間程度、それも都内のみで完成させたとのことで、

どうやったのか私も興味津々。

 

とはいえポケモン図鑑を完成させるだけでなく、

ジムバトルやレベルアップも醍醐味の1つですからね。

 

さて、今日はポケモンのタマゴについて取り上げます。

タマゴを捨てることはできるの?

SPONSORED LINK

ポケストップへ行けば、

たまにタマゴをゲットできます。

 

初期設定時から孵化装置を1つ持っており、

ここにセットすることでタマゴを孵化させられます。

 

2km、5km、10kmのタマゴがあり、

それぞれの距離だけ歩くことで孵化します。

ポケモンGO 孵化装置 画像

タマゴから生まれたポケモンの方が、

野生のポケモンよりCPが強くなりやすいという情報もあります。

 

10kmタマゴはレアポケモンが生まれやすいので、

できる限り優先順位を上げて孵化させたい所です。

⇒【ポケモンGO】10kmタマゴで生まれるポケモンの確率を公開

 

とはいえ、タマゴは最大9個しか持てません。

タマゴもランダムで出現するので、

10kmタマゴを指定することもできません。

 

そこで疑問に思うのが、「タマゴを捨てられないのか?」

一見すると捨てるボタンがない様に見えますが、

実際のところどうなんでしょうか?

 

タマゴは捨てられない

ポケモンGO 固まる 画像

実はタマゴは捨てられないのです。

孵化して減らすしか方法がないのです。

 

捨てる昨日があれば楽なのですが、

運営側も楽してプレイさせてはくれない様です。

 

とはいえ、2kmのタマゴばかりが貯まるのはつらい。

タマゴの新陳代謝をおこさなければ、

永遠に10kmタマゴは手に入りません。

 

ここでは私が実践しているオススメの方法をお伝えします。

この方法を使えば、タマゴを捨てられないものの、

タマゴを早く消化できる様になります。

 

孵化装置を課金して買う

SPONSORED LINK

まずは孵化装置を買うことです。

課金すれば複数の孵化装置を持てますし、

同時に作動させれば通常の倍、タマゴが孵化します。

 

効率よくプレイしている人は、

孵化装置にはどんどん課金をしています。

 

課金と聞くと抵抗のある人もいますが、

6000円前後なら課金しても良いと考えています。

⇒【ポケモンGOへの課金】いくらまでなら許容範囲か冷静に分析した

 

ぜひ、選択肢の1つに入れて下さい。

 

2kmタマゴをどんどん孵化させる

ポケモンGO スーパーボール 入手 画像

もちろん理想は10kmタマゴですが、

手元になければひたすら2kmタマゴを孵化させてください。

 

1日の通勤通学の往復くらいで孵化します。

どんどん孵化させて、手元に新たなタマゴの空きスペースを作る。

 

複数の孵化装置を持てないのであれば、

この方法が現実的だと言えますね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【ポケモンGOのレア度早見表】地域限定で出現するポケモンも!

⇒【朗報】ポケストップで桜の花びらが舞っているのは大チャンス!

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ