【ポケモンGO】歩数のカウント方法を解説!電車や車はNG!

こんにちは、ヤマトです。

今日はポケモンGOについて取り上げます。

 

街中を歩いているとスマホ片手にイヤホンをしている人が目立ちます。

 

すれ違う際にふと画面が目に入ると、

4人中3人はポケモンをしていますね。

 

日常生活にポケモンが溶け込んでいる様。

子供の頃に思い描いた光景が現実のものになっているので、

ワクワクが止まらない大人が多い様ですね。

 

世代をつなぐポケモン。

職場のコミュニケーションにも活用されている様ですね。

ポケモンGO カビゴン 出現場所 入手方法 画像

私は平日は仕事終わりに起動し、

土日はレアポケモンの巣を探しまわっています。

 

公園や観光スポットが狙い目ですし、

ディズニーがある舞浜はポケモンの宝庫です。

⇒【ポケモンGO】舞浜駅にレアポケモンが多数出現!絶対入手したい!

 

さて、今回はポケモンGOの最大の特徴。

「歩数」について取り上げます。

歩数はどうやってカウントされるの?

SPONSORED LINK

ポケモンGOはGPSを採用しており、

現在地を特定しながら遊ぶゲームです。

 

ポケモンまでの距離が足跡で表示されたり、

実際の場所がポケストップに指定されたり、

歩き回ることで様々な発見があるゲームです。

 

※最近は足跡機能がバグったという報告も多いですが(笑)

⇒【ポケモンGO不具合】足跡が減らない原因と解決策まとめ

 

またポケモンのタマゴの表示をよく見ると、

2km、5km、10kmと距離が表示されています。

 

この距離だけ歩けば、タマゴは孵化します。

10kmのタマゴはレアポケモンが出やすいので、

頑張って歩き回ってみて下さい。

⇒【ポケモンGO】10kmタマゴで生まれるポケモンの確率を公開

ポケモンGO 足跡 減らない 画像

ところで、この歩数というのはどうやってカウントされているのでしょうか?

 

万歩計の様に「1歩2歩」とは、

さすがにポケモンGOでは判別できません。

 

タマゴが距離によって孵化する様に、

基本的には距離によって歩数を概算的にカウントしている様です。

 

バックグラウンドでの起動は歩数としてカウントされない

ポケモンGO 固まる 画像

ポケモンGOを起動させながらも、

しばらく触れなかったために画面が暗くなっている。

 

こんな状態では歩数はカウントされません。

 

あくまで起動し画面上に表示されている間だけ、

歩数がカウントされるのです。

 

「ランニングをしていても歩数がカウントされなかった」

 

こうした報告が一部では上がっていますが、

これも上記の理由があるからですね。

 

電車や車での移動はペナルティーの可能性も!

SPONSORED LINK

一部では歩くのに疲れてしまって、

電車や車で移動し歩数を稼ごうとしています。

 

ですがこれは危険です。

 

ポケモンGOは速度制限が存在し、

時速10kmまでしか距離としてカウントされません。

 

車や電車でどれだけ移動しても、

タマゴは全然孵化しないのです。

 

それどころか不正利用だと判定され、

ペナルティーを食らう可能性もあるのです。

⇒ポケモンGOのペナルティーは解除できるのか?所要時間はどれくらい?

 

自転車も時速10kmを越えるならアウト。

あくまで徒歩で楽しんで下さい。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【ポケモンGOのレア度早見表】地域限定で出現するポケモンも!

⇒【朗報】ポケストップで桜の花びらが舞っているのは大チャンス!

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ