【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

こんにちは、ヤマトです。

今日はSIMフリースマホを取り上げます。

 

通常のキャリアのスマホよりも、

毎月の使用料が安くなるとして人気沸騰中なのがSIMフリースマホ。

 

いわゆる「格安スマホ」ですね。

 

ただ、毎月の様に各社から新機種がリリースされますし、

格安プランにばかり目がいってしまい、

肝心のスマホの機種情報はわからないことが多い。

 

もちろんプランも大事ではあるのですが、

使い勝手の悪い機種を選んでしまえば、

どんなに安くても満足はできませんよね?

Huawei スマホ スクリーンショット 画像

私自身、1年前にSIMフリースマホへ機種変更しました。

確かに機種変更時は結構大変でしたが、

キャリア時の半分の月額使用料になったので、大満足しています。

 

また、いわゆる契約の2年縛りもないので、

自由に他機種に機種変更することも可能なのです。

【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

SPONSORED LINK

そこで今回は2016年オススメのSIMフリースマホ。

これを厳選してランキング形式でお伝えします!

 

細かいスペックはもちろんですが、

スマホに詳しくない人でも「直感的に快適に操作できるか」

これも非常に重要視しています!

 

では、さっそく3位から見ていきます。

 

=====

 

この記事の内容は随時更新します。

「これ良いな!」と思うスマホがあれば、

どんどんランキングに紹介していきます。

 

=====

 

第3位:BLADEE01

LINEバブル にんじん 減る 画像

ZTE社からリリースされたBLADEE01。

2016年のオススメランキング第3位にランクインしました。

 

「とりあえずスマホとしての機能があれば十分」

「とにかくスマホにお金をかけたくない」

 

こんな人にはイチオシの機種と言えます。

 

 

何と言っても最大の特徴は価格。

15000円弱でスマホ本体が手に入るのは、

他社を見ても比較対象が存在しません。

 

その割にスペックも満足できるもの。

 

画素数はアウトカメラが800万画素。

インカメラが500万画素。

 

カメラの機能としては平凡ではあるものの

この価格を考えれば十分に満足できます。

 

「美顔モード」や「パノラマモード」等を搭載し、

写真撮影にこだわりたい人のニーズも満たしています。

LINEバブル2 シークレットモード ハイスコア 画像

CPUもクアッドコアを搭載しており、

スムーズにスマホを取り扱うことができます。

 

また楽天モバイルで取り扱っているため、

楽天ポイントがたまるのも大きなメリットです。

 

 

同時期にはBladeV7LITEという機種も発売されますが、

こちらは多少性能が上がるものの2万円台の価格。

 

コスパを考えれば圧倒的にBLADEE01。

安さとクオリティを追求するにはBLADEE01ですね。

⇒ZTEのBLADEE01【リアルな評価評判は?】口コミレビューから読み解く

⇒BladeV7LITEのリアルな評価評判【実は買うと損する?】口コミレビューで解説

第2位:Huawei P9lite

SPONSORED LINK

私は実はHuaweiユーザー。

現在はP8liteを使っていますが、

2016年に機種変更するならP9liteで間違いなしでしょう。

 

2万円台の価格ですがハイスペック。

CPUはオクタコアを搭載し、

先ほど紹介したBLADEE01のクアッドコアを上回ります。

 

Huaweiとしては3Dゲームもスイスイできるとアピールしています。

 

3Dゲームを実際にやるかどうかはさておき、

動画や音楽を楽しむ上でも支障はないでしょうね。

LINEレンジャー 機種変更 引き継ぎ 画像

またカメラの画素数も、

特にインカメラが800万画素と高い。

 

インカメラでの撮影も最近は増えていますし、

これは魅力的なスペックだと言えますね。

 

またHuaweiP9liteの良さは、

バッテリーが長持ちすること。

 

3000mAhのバッテリーを搭載し、

使い続けても1.3日は持ちます。

 

これは他のSIMフリースマホの中でも上位に食い込み、

十分に評価できる仕様となっています。

 

最低でもスマホを2年間は使うとしても、

バッテリーの心配はいっさいしなくて良いでしょう。

 

その他、メタルボディを採用し、

デザインに高級感を持たせています。

Huawei スマホ 評判 機種変更 画像

ちなみにP9という上位機種が同時期に発売されています。

こちらは性能は上回るものの5万円代の価格がネック。

 

細かいスペックにこだわらないならば、

P9liteを圧倒的にオススメします。

⇒HuaweiP9liteのリアルな評判口コミレビュー【これまでと変わってない部分も】

⇒HuaweiP9のリアルなレビュー【本当の評価・評判をP9liteと比較して解説】

第1位:SAMURAI REI

2016年 格安 SIMフリー スマホ ランキング 画像

FREETELからリリースされたSAMURAIREI。

これといってネガティブな要素がなく、

文句なしのランキング1位です。

 

まず大きな魅力はカラーバリエーションの多さ。

 

メタルブラック

メタルシルバー

シャンパンゴールド

ピンクゴールド

スカイブルー

 

SAMURAI REIは5色展開しています。

 

先ほど紹介したBLADEE01もP9liteも含め、

格安スマホは一般的にカラーバリエーションが少なめ。

多くても3色という状態です。

 

そんななかで5色展開は特筆すべき点です。

デザインをこだわりたい人にはうってつけです。

LINE スタンプ 名字 画像

次にオススメなのは写真撮影機能。

 

アウトカメラの画素数が1300万。

インカメラの画素数が800万。

 

これは先ほど紹介した2機種と同等、

あるいはそれ以上の画素数を誇ります。

 

ディスプレイも5.2インチと大画面ですし、

写真撮影を楽しみたい人にはオススメですね。

LINE Play 通知 消えない 画像

その他CPUはオクタコアを搭載し、

スマホの操作で不快感を抱くことはまずないでしょう。

 

重さも136グラムと軽量化に成功。

 

価格も3万円弱とお手頃で、

スペックを考えれば破格と言えます。

 

正直、批判すべき点が見当たらず、

SIMフリースマホの中では一番。

 

2016年オススメランキングの1位に堂々オススメできます。

⇒SAMURAIREIのリアルレビュー【格安スマホで1番高性能との評価評判も】

SIMフリースマホのデメリットは液晶の強度にある!

DIGNOF 評判 口コミ レビュー 画像

ここまで2016年オススメのSIMフリースマホを、

ランキング形式でお伝えしました。

 

私もHuaweiのP8liteを使っているので、

SIMフリースマホをオススメするのですが、

どの機種にも共通する欠点があります。

※これは口コミを見ても感じますね。

 

その欠点とは「液晶の強度」

少し地面に落としただけでヒビが入ります。

 

もちろん目立つヒビではないですが、

薄いヒビが落とすたびに入ってしまいます。

ZTE BLADEE01 評価 評判 口コミ レビュー 画像

私も使い始めて3ヶ月で3カ所のヒビが入りました。

 

液晶のきれいさを追求している人にとっては、

SIMフリースマホはひょっとすると合わないかもしれませんね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒楽天モバイルは通信速度が遅い?実際に使って判明した驚異の仕組み

⇒【Huaweiココが不満だよ】通信速度が遅い原因と2つの解決方法

⇒【Huaweiスマホの評判】iPhoneから機種変更したのでレビュー

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【LINEのしゃべるスタンプの音が出ない】3秒で解決する方法

⇒LINEの友達リスト右上の赤い丸はプロフィール変更通知だった!

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒LINE musicでジャニーズの曲をダウンロードする【裏ワザ】はあるのか?

⇒【LINE裏ワザ】削除した友達をバレずに再追加する方法

⇒【LINEPlay裏ワザ】通知が消えない時はこの方法でさくっと解決

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ