【ポケモンGO悲報】タマゴの孵化には速度制限が存在した!

こんにちは、ヤマトです。

今日はポケモンGOについて取り上げます。

 

土日は公園などの広い場所にトレーナーが集結。

特定の場所に集中するポケモンもいる様で、

実際に新宿御苑にはピカチュウが集中しており、

入園料を払って多くのトレーナーが押し寄せました。

 

まぁ経済効果が生まれているので良いですが、

友達は不審者に私有地へ侵入された様ですし、

マナーを守って楽しむのは大前提ですよね。

SPONSORED LINK

あとは課金。

課金した方が早く進められますが、

スマホでの課金を嫌がる人もいますよね。

 

とはいえポケモンのゲームを普通に買えば6000円くらいするわけです。

 

その金額分は課金しても良いのかな…と個人的には感じています。

 

さて、今回はタマゴの孵化についてです。

ポケモンGOの孵化には速度制限が存在した!

SPONSORED LINK

野生のポケモンをゲットするだけでなく、

タマゴからポケモンを孵化させる方法もあります。

 

タマゴから孵化させる方法を使えば、

野生で捕まえたよりもCPが上がりやすいともウワサされます。

 

ポケストップにたまに出現しますし、

タマゴを見つけたら必ずゲットしましょう。

 

ところがタマゴは持っているだけでは孵化しません。

専用の孵化装置を使う必要があります。

 

ポケモンGO 孵化装置 画像

 

初期設定時に1つ与えられていますが、

これでは1度に1個のタマゴしか孵化させることができない。

 

課金して孵化装置をゲットして、

同時に複数のタマゴを孵化させるのが効率的ですね。

 

詳しくは以下の記事でまとめています。

合わせて読んでみて下さい。

⇒【ポケモンGOの孵化装置の入手方法】タマゴを一気に孵化させる!

 

さて…実はタマゴの孵化には、速度制限が存在したのです。

 

自転車や電車はアウト!

ポケモンGO 起動しない 画像

メニュー画面からタマゴをチェックすると、

距離が表示されていますよね。

 

2キロとか5キロとか様々ですが、

孵化装置に設置後これだけ歩けば、

そのタマゴは孵化するわけです。

 

とはいえ5キロも歩くのは結構しんどい。

大人が歩けば筋肉痛になるかもしれません(笑)

 

そこで一部では早く歩こうと考えて、

自転車や電車、バスを使って孵化を早めようとしている様です。

 

ですがこの方法はNG。

ポケモンGOでは使えないのです。

LINE ゲーム 招待 拒否 通知 方法 画像

タマゴの孵化には時速10kmという速度制限が存在します。

これを超えてしまうと、距離にカウントされないのです。

 

自転車や電車、バスはどう考えてもオーバーしますよね。

基本的には歩くしか方法がないと言えます。

 

それでもタマゴの孵化を早めたい場合は、

仕事中や学校で常に電源を入れた状態で持ち歩く。

これに尽きると思います。

 

やはり孵化装置を複数持つことで、

同時にタマゴを孵化させられる効率性が上がります。

個人的にはこれをオススメしますね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【ポケモンGOのレア度早見表】地域限定で出現するポケモンも!

⇒【朗報】ポケストップで桜の花びらが舞っているのは大チャンス!

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ