【iPhone7の防水機能はどこまで大丈夫?】お風呂も危険か?

こんにちは、ヤマトです。

今日は話題のiPhone7について取り上げます。

 

発売日である2016年9月16日には、

アップルショップに長蛇の列ができていました。

 

発売日についての公式発表は遅く、

「いつなのか?」とあちこちで予測されていましたね。

 

実際にiPhone7のスペックを見てみると、

確実に6よりは発展していることが伺えます。

 

そこで今回は防水機能について、

より詳しく見ていきます。

iPhone7についに防水機能が搭載!

SPONSORED LINK

Android端末の多くに搭載されていて、

iPhoneには搭載されていなかったのが防水機能。

 

万が一水に濡らしてしまったら、

データが吹き飛んでしまうのではないかと焦ってしまいます。

 

これまでもiPhoneが水没した場合に、

どうすれば復元できるのかが、

様々な方法を使って解説されていましたね。

 

ところがiPhone7の目玉の1つが防水機能。

ついにAndroid端末と同様に、

防水機能が搭載されたのです。

 

これで多少見ずに濡れても安心…ですが、

いったいどれほどの効果があるのでしょうか。

 

防水のレベルを検証してみた

DIGNOF 評判 口コミ レビュー 画像

iPhoneは防水・防塵機能を搭載していますが、

その保護等級レベルは「IP67」に分類されます。

 

IP67がどの程度の耐性を持っているかというと…

 

防塵についてはほぼ完ぺき。

粉塵が機体内には侵入しません。

 

一方で防水については一定の水圧のもとで、

30分間水中に浸っていても有害な影響がない、とされています。

 

つまり防水とはいっても実際のところ、

30分が限度というわけです。

 

雨やキッチン周りでの水滴に対しては、

多少の防水機能は備えていると言えるでしょう。

 

その一方で長時間水の中にひたしているのは危険です。

 

またここまでの話はあくまで「真水・常温」を想定しています。

海水になれば話も変わって来るので注意が必要です。

ZTE BLADEE01 評価 評判 口コミ レビュー 画像

ちなみによく挙がる質問としては、

「お風呂で使っても大丈夫かどうか」です。

 

ただしiPhone7の動作時環境温度が「o〜35度」なので、

水風呂にでも入らない限りはお風呂の中で使わないのが無難です。

まとめ

SPONSORED LINK

iPhone7には防水機能が搭載されましたが、

一般的に使用する分には効果を発揮するでしょう。

 

雨で濡れてしまった場合や、

うっかり水道水をかぶってしまった場合などは、

防水機能が守ってくれるはずです。

※100%は保証できません。

 

その一方で液体による損傷は、

保証の対象外となっています。

 

「お風呂はどうかな?」といって検証して、

うっかり機体が壊れてしまった場合は要注意です。

 

普段通り使っておくのが一番ですね。

Twitter メッセージ 下書き 保存 画像

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【iPhone7】ジェットブラックのリアルな口コミ!傷がつきやすいので注意

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ