【iPhone7編】超便利な「おやすみモード」の設定方法を3分で解説!

こんにちは、ヤマトです。

今日はiPhone7について取り上げます。

 

発売日には長蛇の列もできましたし、

ニュースでも報じられました。

 

今回のiPhoneは改良点が多いと話題になっていたこともあり、

いつも以上に注目されていたのではと感じています。

 

特に防水・防塵機能が搭載されていたのは、

個人的には嬉しい改良点だなと感じました。

【iPhone7編】超便利な「おやすみモード」の設定方法

SPONSORED LINK

さて、今回はiPhone7の機能面に注目します。

 

私は寝坊しやすい体質なので、

iPhoneのアラーム機能には大いに助けられています。

 

特にスヌーズ機能があったおかげで、

無事に社会人になれたと今でも感じています。

 

ただスヌーズ機能は諸刃の剣。

使い過ぎればバッテリー消費量も上がりますし、

それだけスマホの寿命を縮めてしまいます。

 

さて、今回取り上げるのはアラームでもスヌーズでもなく、

「おやすみモード」という機能について。

 

これだけ聞くとアラームの親戚に思えますが、

実は全然違う機能があります。

iPhone7 スクリーンショット やり方 音 消す 画像

おやすみモードを設定することで、

メールやSNSの受信や電話の着信音を鳴らさずに済みます。

 

職場の上司では会議中におやすみモードを設定し、

不足の事態が起こらない様にリスクヘッジしています。

 

なかなか便利な機能だと思いますので、

設定方法を知っておいて損はないと感じています。

 

 

おやすみモードは「設定ボタン」を押すと表示され、

オンとオフを切り替えることができます。

 

またおやすみモードのボタンを押すと、

「時間設定」という項目があります。

 

いちいち設定するのが面倒だという場合、

「この時間はおやすみモードをオンにする」と

常に決めておくことができる機能です。

おやすみモードの注意点

SPONSORED LINK

iPhone7になって多少の変更があるかもしれず、

私も使いながら情報収集をしている所ですが、

これまでのiPhoneでの注意点をまとめます。

 

まず、おやすみモードがあくまで、

ロック(スリープ)中に有効だということです。

 

画面をつけた状態だと、

通知音が鳴ってしまうこともあるので要注意です。

 

次に「繰り返しの着信設定」についてです。

 

特定の時間内に同じ人〜何度も着信があった場合、

おやすみモード中でも通知を許可する設定があります。

 

「設定」→「おやすみモード」と進み、

「繰り返しの着信」をオンにすることで設定がなされます。

 

家族で急病人が出たとか、

出産間近の奥さんがいるとか、

いざという時には使える項目ですね。

LINEPOP2 ハート 課金 増やす 方法 画像

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ