【LINEバブル豆知識】ビッグサリーの出現条件を高める方法はあるのか

こんにちは、ヤマトです。

今日はLINEバブルについて取り上げます。

 

シンプルなルールでハマりやすい。

私もLINEバブルがリリースされてから、

空いている時間はコツコツやりこむ毎日。

 

友達のスコアも表示されるので、

良い意味で刺激をもらっています。

 

またレアアイテムをゲットすれば、

友達に自慢だってできますからね。

LINEバブル2 友達 表示させない 画像

そして高得点を出す上で重要なのが、

アイテムの存在です。

 

ルビーを貯めて購入したアイテム。

これを上手く使いスコアを上げていくのです。

 

そんな中でも一番強烈な、

そして使えるアイテムが「ビッグサリー」

 

ビッグサリーと同列、またはそれ以下のバブル。

これらを一気に消し去ってくれます。

 

ピンチの時に使えるのはもちろん、

消えたバブルはスコアにも反映されるので、

高得点を狙う上では必要不可欠なアイテムなのです。

ビッグサリーの出現条件を高める方法はあるのか

SPONSORED LINK

ビッグサリーを手に入れる方法。

これは大きく2つ存在します。

 

1つがアイテムショップで購入すること。

アイテムとして所持していれば、

1プレイ中に2回登場します。

 

確実に高得点を狙う時には、

購入しておくのがマストですね。

 

特にクリスタルコニーを狙う上では、

各ステージすべてで黄金のコニーをゲットすることが条件。

 

スコアも非常に大事になって来るので、

確実にアイテムとして持っておきたい所です。

SPONSORED LINK

とはいえLINEバブルを始めた当初は、

ルビーもさほど貯まっていません。

 

そんな中でビッグサリーが欲しい場合、

これはランダムに登場するのを待つしかありません。

 

ビッグサリーは特に規則性もなく、

ランダムに登場するとされています。

 

実際私も1日に何十回と試しましたが、

2回続けて出たこともあれば、

5回連続で出ないこともありました。

 

これは完全に運としか言えません。

フェイスブック メッセージ 改行 画像

ただし1つ確定的な条件があって、

「ピンチの時には出現しやすい」ということです。

 

ゲームオーバー間近のタイミングでは、

ランダムならがも表示されやすいとされており、

確かにこれは感覚的に理解できます。

 

どうしても高得点を叩き出したい場合は、

自分でピンチの状況に追い込みながら、

ビッグサリーの出現を待って下さい。

 

一気に多くのバブルを吹き飛ばせるので、

その分だけ高得点につながるのです。

まぁ、ピンチでも出現しないことがあるので、

やはり運次第ではあるんですけどね(笑)

 

★LINEバブルオススメの記事はこちら★

⇒【LINEバブル裏ワザ】にんじんの増やし方を1分で解説!

⇒【LINEバブルが開かない】今すぐ原因を特定して回復する!

⇒【LINEバブル裏ワザ】友達のランキングに自分を表示させない方法

⇒【LINEバブル2】条件クリアしてもスタンプがもらえない時の解決策

⇒【LINEバブル2マメ知識】クリスタルコニーをさくっと手に入れる方法

SPONSORED LINK

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【LINEのしゃべるスタンプの音が出ない】3秒で解決する方法

⇒LINEの友達リスト右上の赤い丸はプロフィール変更通知だった!

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒LINE musicでジャニーズの曲をダウンロードする【裏ワザ】はあるのか?

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒HuaweiP9liteのリアルな評判・口コミ【これまでと変わってない部分も】

⇒【Huaweiココが不満だよ】通信速度が遅い原因と2つの解決方法

⇒【Huaweiスマホの評判】iPhoneから機種変更したのでレビュー

⇒【LINE裏ワザ】削除した友達をバレずに再追加する方法

⇒【LINEPlay裏ワザ】通知が消えない時はこの方法でさくっと解決

⇒【中学生編】好きな人とのLINEの話題で絶対失敗しないのはこの3つ

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ