【LINE衝撃の事実】友達が消えた原因は2つ…あなたはどっち?

こんにちは、ヤマトです。

今日はLINEについて取り上げます。

 

友達にさえなっていれば、

トークも通話も無料でし放題。

LINEなしの生活はあり得ないですよね。

 

しかも便利なのがタイムライン。

Facebookと似た様な機能ですが、

LINEの場合は公開範囲は友達限定。

 

友達の中でも公開範囲を設定できるのです。

 

「自分のみ」

「友達だけ」

「すべて公開」

 

Facebookはこの辺りがざっくりしているので、

個人的にはLINEの方が好きなんです。

 

私も毎日LINEを使っていますが、

先日気になる出来事が発生しました。

友達が消えた・・・

SPONSORED LINK

友達リストから友達が消えたのです。

 

先日消えた友達は2人。

1人は高校の友達。

もう1人は別れた彼女。

 

「何かの不具合かな?」

 

そう思い一度スマホを切って、

もう一度LINEを立ち上げたのですが、

状況は何も変わりませんでした。

LINE 不具合 既読にならない 画像

しかも不思議なことに、

トーク履歴はちゃんと残ってるんです。

 

ただし、トークを書き込んでも既読はつかず、

通話を押しても「応答なし」。

 

これは普通の状態ではありません。

 

「いったい原因は何なのか・・・」

 

気になって調べるうちに、

ある結論にたどり着きました。

友達が消えた原因は2つ

LINE 友達 青丸 緑丸 黒丸 画像

友達リストから消えた原因。

これは大きく2つに別れます。

 

まずは高校の友達のケース。

これは友達が機種変更をした際に、

間違ってLINEを新規で始めてしまったからです。

 

基本的にLINEは手続きさえすれば、

機種変更をしても引き継ぎできます。

 

ですが登録アドレスとパスワードを忘れたり、

事前の手続きを済ませていない場合は、

上手く引き継げないことがあるのです。

 

友達もこのパターン。

 

うっかり手続きを怠ってしまい、

新たに新規登録をしていたのです。

 

実際、3日後には友達から、

LINEで再度申請が来ました。

SPONSORED LINK

もう1つ。

元カノのケース。

 

原因は「ブロックされていたから」です。

 

「もうヤマトとは関わりたくない」

こう思われ、私のことをブロックしたのでしょう。

 

ブロックすれば友達リストからは消え、

トークも通話もできなくなります。

 

ただしトーク履歴については、

私が削除しない限り残り続けるので、

ブロックされたかどうか判断がつかないのです。

 

いずれにしても確実なことは、

ブロックされるとリストからいなくなるということです。

LINE 既読 時間 消えた 表示されない 画像

ここまで紹介した原因。

あなたはどっちに当てはまっていますか?

 

いずれの原因もあなたに原因はないですが、

ブロックだけは勘弁して欲しいですよね。

 

精神的なショックがハンパじゃないです(笑)

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【LINEのしゃべるスタンプの音が出ない】3秒で解決する方法

⇒LINEの友達リスト右上の赤い丸はプロフィール変更通知だった!

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒LINE musicでジャニーズの曲をダウンロードする【裏ワザ】はあるのか?

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒HuaweiP9liteのリアルな評判・口コミ【これまでと変わってない部分も】

⇒【Huaweiココが不満だよ】通信速度が遅い原因と2つの解決方法

⇒【Huaweiスマホの評判】iPhoneから機種変更したのでレビュー

⇒【LINE裏ワザ】削除した友達をバレずに再追加する方法

⇒【LINEPlay裏ワザ】通知が消えない時はこの方法でさくっと解決

⇒【中学生編】好きな人とのLINEの話題で絶対失敗しないのはこの3つ

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ