【LINE裏ワザ】タイムラインを非表示にしても速攻で復活できる!

こんにちは、ヤマトです。

今日はLINEのタイムラインを取り上げます。

 

これまでの記事でも、

タイムラインについては解説しました。

 

Facebookの様な機能がLINEにも備わってる。

 

コメントや写真を投稿でき、

何かを変更した場合には通知がなされる。

 

友達のタイムラインの情報が表示され、

「いいね」やコメントができる。

 

LINEの中にfacebookが入っている様なものですね(笑)

LINE 友達 青丸 緑丸 黒丸 画像

とはいえ、あなたの投稿は

友達すべてに表示されてしまいます。

 

一部の友達限定で公開したい投稿。

これはタイムラインではなくトークを使うしかありません。

 

ですが複数人に公開したい場合、

その都度グループを立ち上げるのは面倒です。

 

また、友達のタイムラインの情報が

すべて表示されるのもうっとうしいです。

 

そのため、以下の記事では

自分の投稿を非表示にする方法、

友達の投稿を非表示にする方法を解説しました。

⇒LINEのタイムラインで特定の友達の投稿を非表示にする方法

 

タイムラインを非表示にしても速攻で復活できる!

SPONSORED LINK

とはいえ、一度非表示にしても、

その後解除したくなることもありますよね?

 

「やっぱり非表示設定をやめよう!」

 

こう思った時、どのように復活すれば良いのでしょうか?

 

まずは自分の投稿を友達に表示する方法。

これをお伝えします。

LINE 右上 赤い丸 画像

自分の投稿を非表示にする際、

以下の手順で設定しましたよね。

 

=====

 

「設定」→「タイムライン」→

「タイムライン設定画面」→「公開範囲設定」

 

この手順でボタンを押すと、

友達一覧が表示されます。

 

友達の横にあるアイコンを押せば、

非表示にするかどうかを選択できます。

 

全員に対して非表示にもできますし、

特定の友達に対して非表示にすることもできます。

 

=====

 

一度非表示にした友達を再び表示に戻すには、

友達の横にあるアイコンを再び、

表示に切り替えれば良いんです。

 

この機能を使うことで、

友達ごとに表示非表示を選ぶことができます。

 

非常に便利な機能ですし、

私も日常的に使っていますよ!

SPONSORED LINK

次に友達の投稿を

自分のタイムラインに表示させる方法です。

 

非表示設定した友達は、

タイムラインの設定画面にある

「タイムライン非表示リスト」にまとめられています。

 

「自分のタイムラインに再び表示させたい」

該当の友達を選択すると、

「非表示を解除」というボタンが現れます。

 

このボタンを押すことで、

非表示状態を解除できます。

 

これも非常に簡単ですね。

LINE 友達 再追加 画像

ここまで紹介した機能を使えば、

別に自分の投稿を削除しなくても、

公開範囲を上手く設定できることに気づきます。

 

Facebookよりも柔軟に、

自分の思い通りに公開範囲を設定できるので、

非常に便利な機能だと言えますよ!

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【LINEのしゃべるスタンプの音が出ない】3秒で解決する方法

⇒LINEの友達リスト右上の赤い丸はプロフィール変更通知だった!

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒LINE musicでジャニーズの曲をダウンロードする【裏ワザ】はあるのか?

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒HuaweiP9liteのリアルな評判・口コミ【これまでと変わってない部分も】

⇒【Huaweiココが不満だよ】通信速度が遅い原因と2つの解決方法

⇒【Huaweiスマホの評判】iPhoneから機種変更したのでレビュー

⇒【LINE裏ワザ】削除した友達をバレずに再追加する方法

⇒【LINEPlay裏ワザ】通知が消えない時はこの方法でさくっと解決

⇒【中学生編】好きな人とのLINEの話題で絶対失敗しないのはこの3つ

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ