インスタグラムのメッセージに既読がつかない理由を解説

こんにちは、ヤマトです。

今日はインスタグラムについて取り上げます。

 

Facebookが買収したことによって、

インスタグラムの投稿をFB上にも表示できる様になりました。

 

インスタグラムは写真の投稿がメインですし、

私も両方を分けて使っています。

 

ただし最近のSNSの便利なところは、

携帯の機能を無料で使わせてくれることでしょう。

 

個別メッセージはメールと同じですし、

通話も無料でできるSNSがありますからね。

 

さて、今回取り上げるのはインスタグラムのメッセージ機能についてです。

インスタグラムのメッセージに既読がつかない理由

SPONSORED LINK

インスタグラムのメッセージは既読機能があります。

相手がメッセージを読んだのか、一発でわかるのです。

※Faceboookでもおなじみですね。

 

ですがこの「既読機能」

ユーザーにストレスを与える一因にもなっているんですよね。

 

既読をつけたらすぐに返事をしないといけない。

このプレッシャーは想像以上ですし、

LINEやFacebookでも問題になっていましたよね。

 

それこそ前者では「ちらみ」というアプリが流行ったり、

後者では未読に戻す機能が使われたりとしています。

 

インスタグラム 非公開 ハッシュタグ 投稿 画像

 

さて、一部のユーザーからは、

インスタグラムのメッセージ既読がつかないという声も聞こえます。

 

実はインスタグラムの既読機能は、

例えばLINEとは大きく異なるのです。

 

LINEの場合はメッセージごとに既読マークがつきますが、

インスタグラムは一番下(最新)の投稿にのみ既読マークがつくのです。

 

それまでの投稿には既読がつかないので、

これを見て勘違いしてしまう人も多いのです。

 

ちなみに「既読」と感じで付くケースもあれば、

Androidだと「目」のマークが付くケースもあります。

 

裏を返せば一番最新の投稿に何もマークがなければ、

相手はまだ読んでいないということです。

既読のマークは消える

SPONSORED LINK

ここまで紹介した様にインスタグラムの既読マークは、

一番最新のものしか付かないのです。

 

つまりどちらかがメッセージを送り返した瞬間、

それまで付いていた既読マークは消えてしまうのです。

 

まぁ1つの投稿ごとに既読マークがあるのも、

何だか違和感がありますよね。

 

過去の既読の有無はどっちでも良いから、

最新の投稿だけわかれば良いっていう感じですね(笑)

Twitter 改行 文字数 画像

★instagramについてさらに詳しく知る★

⇒【Instagram】ハッシュタグの付け方を上手くできない原因と対策を解説

⇒Instagramで友達を検索すると相手にばれるのか?【真相を公開】

⇒【Instagramの登録は本名じゃないきゃいけない!】…という都市伝説

⇒【インスタグラムでフォローを外す】相手に通知されないけど・・・

⇒インスタグラムでフォロワーの削除方法【ブロックせずに外せる!】

⇒インスタグラムに足跡機能は存在しない!いいねとコメントが肝!

⇒インスタグラムで改行する方法【誰でも一瞬でコメントを改行!】

⇒インスタグラムでフォローしても非表示で相手の投稿が見れない原因

⇒インスタグラムでアカウントへの【鍵の付け方】を大公開!

⇒Instagramで「いいね」の取り消し方法【相手に通知は行くのか?】

⇒【Instagram裏ワザ】ハッシュタグを後付けする方法を公開!

SPONSORED LINK

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ