スマホバッテリーの減りが早い【原因と節電方法のまとめ】

こんにちは、ヤマトです。

今日はスマホのバッテリーについて取り上げます。

 

私はiPhone→Androidと来て、

現在は格安スマホを使用しています。

 

定期的に機種変更していますが、

基本的にキャリアのスマホは2年縛りがついており、

短期間で解約すれば違約金がかかります。

 

ですが格安スマホの場合は一括で金額を払えば、

その後に違約金が一切かからないケースもあります。

 

現在私が契約している格安スマホもこのパターン。

気軽に機種変更できるのでかなり便利です。

ポケモンGO 進化 タイミング CP 画像

さて、機種変更するタイミングには、

バッテリーの減り状況が大きく関わって来ます。

 

バッテリーは使えば使う程、

減りが早くなっていきます。

 

使い始めて2時間程度なのに、

「もう20%しかないの!?」なんて事態も普通に起こりえます。

 

ですがバッテリーの減りは、

使い方次第で消耗が早くも遅くもなる。

 

工夫次第でどうにでもなってしまうんですよね。

スマホバッテリーの減りが早い【原因と節電方法】

SPONSORED LINK

まず注意が必要なのが「アラーム」

アラームは鳴らした分だけバッテリーを消耗します。

 

ポイントは「スヌーズ機能」

アラームをオフにしないと定期的に鳴り続けるのですが、

アラームは鳴った分だけバッテリーの消耗に直結します。

 

スヌーズ機能を使っている人は、

そうでない人に比べて消耗が早い。

これは確実に言えます。

 

バッテリーの持ちを良くするには、

スヌーズは最小限に抑える。

使わないで済むなら、使わないに越したことはありません。

ZTE BLADEE01 評価 評判 口コミ レビュー 画像

次に注意が必要なのが音楽。

スマホを音楽プレイヤー代わりにする人は多いですが、

これもかなりバッテリーを消耗します。

 

ウォークマンやiPod等の外部機器を別に持つ。

これがバッテリーの消耗を抑えるポイントです。

 

同様に動画やゲームを楽しむ人も、

そうでない人に比べて圧倒的に消耗しやすいです。

 

ネットを頻繁に使うだけでも消耗するのに、

よりスマホに不可がかかる動画やゲームなら尚更です。

 

意外と忘れがちな電源オフ

SPONSORED LINK

そして意外と多くの人が忘れがちなのが、

スマホの電源をオフにすること。

 

スマホは小型PCの様なものです。

何日も付けっぱなしにすればするだけ、

バッテリーはグングン減っていきます。

 

スマホ自体の動作も遅くなるので、

その分だけ消耗は激しくなってしまうのです。

 

電源をこまめに切る習慣をつけるだけで、

バッテリーの減りは相当に抑えられます。

 

 

ここまでの内容を意識してもらえたら、

誰でもバッテリーの減りを抑えることはできます。

 

その他機種によっては

「省エネモード」が搭載されていることもあります。

合わせて使ってみて下さい。

 

最低でも2年は持たせたいバッテリー。

少しの工夫で結果は大きく変わりますよ。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ