2019年選抜高校野球出場校予想!21世紀枠まで野球オタクが解説!

こんにちは、ヤマトです。

今日は平成31年(2019年)のセンバツ高校野球について取り上げます。

 

平成の元号で開催される最後のセンバツ。

野球好きの私にとっても、何だか胸が熱くなります。

 

 

さて、春と夏の甲子園の違いですが、

夏はすべての都道府県から出場校が出ますが、

春は32校のみが出場できる、まさに選抜大会。

 

そして選出校決定の判断材料となるのが、

秋季地方大会の成績です。

 

夏の甲子園に出場したチームは、

必然的に新チームの始動は遅くなるので、

夏とは異なるチームが出場権を手にすることは普通にあります。

 

選手権1回戦から熱戦が繰り広げられます。

 

さて、この記事では2019年の選抜高校野球出場校について、

出場校をどこよりも早く予想します!

2019年の選抜高校野球出場校を大予想!

SPONSORED LINK

まずは出場校の決定方法をおさらいします。

 

各地方から選出されるのが28校。

21世紀枠での選出が3校。

そして明治神宮大会枠が1校。

 

合計32校が選出されます。

 

各地方からの選出内訳は、以下のとおりです。

 

北海道→1校

東北→2校

関東・東京→6校

東海→2校

北信越→2校

近畿→6校

中国・四国→5校

九州・沖縄→4校

 

ちなみに関東と東京ですが、

関東から4校、東京から1校を選出し、

残りの1校を両地区から吟味して選出します。

※四国・中国も方式は同じです。

 

 

次に21世紀枠ですが、簡単にまとめると、

「野球を行うことが困難ながらも克服した高校」

「文武両道で模範的な取り組みをする高校」

これらの条件を満たす高校が選出されます。

 

1次選考では各都道府県で1校ずつ、

2次選考では各地区で1校ずつの9校まで絞られます。

 

その後の最終選考で3校が決定しますが、

西日本から1校、東日本から1校、

そして地域を問わず1校が選ばれています。

 

ただし明示こそされていないものの、

秋季大会の成績は重要な選考基準になります。

 

各地区の秋季大会出場校であるか、

せめて都道府県大会でベスト8以上は必要でしょう。

 

とりわけここ数年は秋季大会の成績が最低ラインを超えていなければ、

最終的に21世紀枠として選出されなくなりつつあります。

 

21世紀枠で選出されたといえども、

甲子園では各地方から選出された高校と対戦します。

 

あまりにも実力差があっては、

それこそ試合にならないかもしれませんからね。

 

 

最後に明治神宮大会枠。

 

各地区の秋季大会王者が集まり行われる明治神宮大会。

ここで優勝した高校の所属地区に「+1校分」の選考枠を付与するというものです。

 

 

昨年の選抜出場校をおさらい!

SPONSORED LINK

それではまず、

昨年の選抜出場校をおさらいしましょう!

 

昨年は90回の記念大会だったため、

通常よりも4校多い36校が出場しました。

 

 

北海道→駒大苫小牧

東北→花巻東、日大山形、聖光学院

関東→明秀日立、中央学院、国学院栃木、慶応、東海大相模

東京→日大三

東海→静岡、東邦、三重

北信越→富山商、日本航空石川、星稜

近畿→大阪桐蔭、近江、彦根東、乙訓、智弁学園、智弁和歌山

中国→おかやま山陽、瀬戸内、下関国際

四国→英明、松山聖陵、高知、明徳義塾

九州・沖縄→東筑、創成館、富島、延岡学園

21世紀枠→由里工(秋田)、膳所(滋賀)、伊万里(佐賀)

 

 

センバツの選考においては、

秋季大会の成績よりも地域性も重視した上で選考が行われる年もありましたが、

ここ近年は地域性よりも成績を重視する傾向があります。

 

同一都道府県から2校の出場も珍しくなくなっていますし、

実際、一昨年のセンバツ決勝は大阪対決になりましたからね。

 

そして今回のセンバツでは、

出場すれば大阪桐蔭の3連覇が注目されています。

 

センバツの3連覇はもちろん、

春夏春と3期連続で甲子園を制覇したら、

もはや伝説に残りますよね。

 

各地区の秋季大会の出場校をピックアップ!

SPONSORED LINK

ここからは、各地区の秋季大会の出場校をピックアップします。

 

北海道と東京はそのまま代表校選定につながるので、

それ以外の地区の秋季大会出場校リストを紹介します。

 

※決定次第、順次更新します。

 

2018年秋季東北大会出場校

【青森】八戸学院光星、弘前東、青森山田

【岩手】花巻東、盛岡大付、専大北上

【秋田】秋田修英、横手、秋田商

【山形】

【宮城】仙台育英、古川、大崎中央

【福島】聖光学院、日大東北、福島商

 

2018年秋季関東大会出場校

【茨城】

【栃木】

【群馬】

【埼玉】

【千葉】

【神奈川】

【山梨】

 

2018年秋季東海大会出場校

【静岡】

【愛知】

【岐阜】

【三重】

 

2018年秋季北信越大会出場校

【新潟】日本文理、新潟南、関根学園、帝京長岡

【長野】

【富山】

【石川】

【福井】工大福井、金津、啓新

 

2018年秋季近畿大会出場校

【滋賀】

【京都】

【大阪】

【兵庫】

【奈良】

【和歌山】

 

2018年秋季中国大会出場校

【鳥取】

【島根】

【岡山】

【広島】

【山口】

 

2018年秋季四国大会出場校

【徳島】

【香川】

【愛媛】

【高知】

 

2018年秋季九州大会出場校

【福岡】

【佐賀】

【長崎】

【熊本】

【大分】

【宮崎】

【鹿児島】

【沖縄】

 

2019年センバツ出場校はこの32校!

 

ではここからは、

各地区の秋季大会の成績を踏まえた上で、

出場校を予想していきます。

※決定次第、順次更新します。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

 

 

 

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ