iPhoneのバッテリーが急に減る!自力で治す方法を解説

こんにちは、ヤマトです。

今日は過去の私も何度も悩まされたテーマを取り上げます。

 

スマホは使えば使うほど、

バッテリーの消費量が早くなります。

 

1日バッテリーが持つかどうか心配になることもあり、

携帯充電器を持っている人もいますよね。

 

そして以前私が使っていたiPhoneでは、

朝に100%充電したはずなのに

しばらくしてiPhoneを見ると30%に減っていたことがありました。

 

その間何もスマホに触っていなかったので、

この現象には驚きました。

 

「これでは1日どころか半日もたない…」

頭を抱えていました。

 

そして聞く所によると、

この現象で悩んでいる人は意外と多い様です。

Wifiをオンにしたままだと…

SPONSORED LINK

まず意外とよくあるケースが「Wifi」

Wifiをオンにしたままの状態でいると、

スマホは常に接続できるWifiを探します。

 

自宅でおケットwifiを使っていたり、

回線を引いている場合は良いのですが、

例えば電車移動をしていれば、

複数のwifiが入れ替わり立ち代わり表示されます。

 

この作業が結構バッテリーを消費してしまうのです。

 

使わない時はwifiをオフにする。

これは必須と言えますね。

 

同じことはBluetoothにも言えます。

Bluetoothもオフにするのを忘れないでくださいね。

勝手にアップデートが進んでいる

SPONSORED LINK

アプリやスマホ端末のアップデート。

これが勝手に行われていると、

その分だけバッテリーは消費されます。

 

アップデートと聞くと良さそうなイメージがありますが、

正直アップデートにどこまでの意味があるのかはわかりません(笑)

 

「自動アップデート」が行われている様であれば、

設定画面から手動でのアップデートに変える必要があります。

 

この設定を変えるだけでも、

急にバッテリーが減ることはなくなります。

 

大量の通知が来ているかも

あなたがスマホを見ない間に、

それこそSNSやメール等で大量の通知が来ていないかどうか。

 

通知が届いている分だけバッテリーを消費します。

 

通知をオフに設定するなどの対策をとれば、

バッテリーの消費自体は抑えることができます。

 

あるいはアラームを止めていないこと。

これも意外とあります。

 

アラームをオフにしていなければ、

スヌーズを設定していれば延々とアラームが鳴り続けます。

 

音が出ていなくともアラームは作動しているので、

その分だけバッテリーが消費されます。

これも注意が必要ですね。

 

安い充電器も要注意

そして充電器もチェックして下さい。

正規の充電器ではなかったり、

明らかに安い充電器の場合は、

充電自体ができていないこともあります。

 

「100%」と表示され充電されている様に見えても、

持ち歩いて10分後にはなぜか30%になっている。

 

こんなことはよくあります。

 

正規の充電器を使うこと。

やはりオススメします。

ポケモンGO ジム 名声 トレーニング 画像

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【スマホの充電器が熱い】これってヤバいの?原因と解決策まとめ

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ