LINEで改行するなら文字数が超重要!15文字での改行がオススメ!

こんにちは、ヤマトです。

今日はLINEで使える豆知識について紹介します。

 

現代のスマホユーザーにおいて、

LINEを使っていない人はいないでしょう。

 

通話もメール(トーク)も無料でやれて、

毎月の携帯代が大幅に節約できます。

 

私も家族や友達とは基本LINEでやりとりしています。

SPONSORED LINK

とはいえ、LINEを使っていればトラブルはつきもの。

サポートセンターへ相談しても、

返答までに1週間近くかかることもあります。

 

このサイトでは過去に私が悩んだテーマや、

使うと便利な小ネタまで、まとめて紹介しています。

 

今回は「改行」について取り上げます。

LINEで改行するなら文字数が超重要!

SPONSORED LINK

これは他のSNSアプリにも言えますが、

メールとは違って改行するのが結構難しいんです。

 

たとえば私はよくFacebookを見ていますが、

パソコンからアクセスすると、

改行が上手くできないことがあります。

 

Shiftキーを押しながらEnterキーを押す。

これで無事に改行できるのです。

 

逆に何の気なしにEnterを押せば、

途中でメッセージが送信されてしまいますからね。

これはかなり焦ります。

LINE 正常に処理できませんでした 画像

LINEにおいても改行はひと工夫必要です。

 

上手く改行しながら送信したつもりが、

このように、変なとこ

ろで改行されてしま

うこともあります。

 

これでは読みにくいですし、

相手にも失礼ですよね。

 

LINEの改行は文字数の違いに注意!

LINEマンガ スタンプ ダウンロードできない 不具合 画像

実はこれ、LINE側に問題があるのです。

 

トークを読む側(受信者)と送る側(送信者)

両者において改行のルールが違っているのです。

 

受信したトークは全角で最大15文字で表示されるのに対し、

送信したトークは全角で最大17文字で表示されます。

 

改行の文字数が違うので、

どうしてもバラけて見えてしまうのです。

 

送信者と受信者でキレイに見えるためには、

受信者の文字(15文字)に合わせて改行することです。

 

意識して15文字で改行すれば、

あなたも相手も違和感なく文字を見ることができます。

 

ちなみに文字やフォントの大きさによって、

1行に収まる文字数が変わって来るので注意が必要。

 

どんな文字・フォントであっても、

10文字で改行すれば、まず間違いないでしょう。

 

ですのでどうしても不安だという人は、

10文字で改行する様にしてはいかがでしょうか?

ZTE BLADEE01 評価 評判 口コミ レビュー 画像

ちなみに1回のトークにつき、

送れる文字の総数は1万文字です。

 

まぁ1万文字も送る人はいないと思いますが、

改行も1文字分に換算されますので、

超長文を送りたい人は注意が必要かもしれませんね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【厳選】2016年のオススメ!<格安SIMフリースマホランキング>

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒【要注意】LINEモバイルはデメリットの方がメリットより多い?

⇒LINEモバイルは格安SIMの価格破壊を引き起こす!【意外な落とし穴も】

⇒【LINEモバイルのリアルな口コミ】気になる評判をチェック!

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ