LINEプリペイドカードの有効期限は1年間!急ぎチャージを

こんにちは、ヤマトです。

今日はLINEプリペイドカードについて取り上げます。

 

LINEストアやアプリ内ショップで、

スタンプやゲーム等の買い物ができる。

 

お金はもちろん電子決済なのですが、

チャージ方法の1つにプリペイドカードがあります。

LINE ボイスメッセージ やり方 画像

itunesカードと仕組みは同じで、

コンビニや家電量販店等で売ってるカードを買い、

裏面に記載されているPinコードを入力する。

 

これにより買った金額分だけ、

LINE上でチャージされるのです。

 

カードのキャラクターも金額や店舗によって異なるので、

集めるのを楽しんでいる人も多いですよね。

 

これまでの記事でもプリペイドカードについて、

使用上の注意点をまとめました。

⇒LINEプリペイドカードがチャージできない3つの原因と解決策

⇒LINEプリペイドカードでディズニースタンプは本当に買えないの?

 

今回は意外と知られていない、

プリペイドカードの有効期限をお伝えします。

LINEプリペイドカードの有効期限は1年間!

SPONSORED LINK

「いやいや、有効期限なんてないでしょ」

 

最初は私もそう思っていたんです。

 

一度買ったカード。

Pinコードさえ使用されていなければ、

いつでもチャージし使うことができると…

 

ですが、実は有効期限はあったんです。

LINE プリペイドカード チャージできない 画像

私の友人も被害者の1人。

誕生日にプレゼントされたプリペードカードを、

2年後に使おうと思ったら、チャージできなかった。

 

慌ててLINEに確認した所、

「購入日から1年間が有効期限です」

と言われてしまったとのこと。

 

私も、事情に詳しそうな家電量販店の担当者に、

カードを買う際に聞いてみました。

 

するとやはり、「購入日から1年が有効期限」

と言われてしまいました。

 

もちろん、現時点では変更があるかもしれませんが、

少なくとも私が相談した時点では、

有効期限は1年間と決められていました。

 

極端な話、LINE自体が消滅してしまうなら、

有効期限があっても仕方ないと思いますが、

こればかりは今でも疑問に思っています。

チャージして使用するまでの期限が1年間!

SPONSORED LINK

さらに注意が必要なのは、

有効期限1年間というのは、

使用するまでの期限を現しているということです。

 

1年以内にチャージすれば良いのではなく、

チャージと使用を含めて1年間というわけです。

 

「1年の間に使い切らなければいけない」

この認識を持っていてください。

 

とはいえ私個人としては、

有効期限の仕組みがなくなれば良いと思っています。

 

カードにも詳しく書いていませんでしたし(当時は)、

どこか釈然としない気持ちはありますね。

 

★合わせて読みたい記事はこちら★

⇒【LINEの不具合】無料スタンプがダウンロードできない3つの原因

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒【LINEの不具合】既読にならない【誰も知らない本当の理由】

⇒【LINEのしゃべるスタンプの音が出ない】3秒で解決する方法

⇒LINEの友達リスト右上の赤い丸はプロフィール変更通知だった!

⇒【裏ワザ公開】LINEに電話番号なしで登録する方法

⇒【迷惑…ウザい】好きな人にLINEする頻度は1日に1回で十分!

⇒【好きな人がLINEでそっけない】あなたは2つの理由の内どっち?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒LINE musicでジャニーズの曲をダウンロードする【裏ワザ】はあるのか?

⇒格安スマホの7つのデメリット【それでもあなたは乗り換える?】

⇒HuaweiP9liteのリアルな評判・口コミ【これまでと変わってない部分も】

⇒【Huaweiココが不満だよ】通信速度が遅い原因と2つの解決方法

⇒【Huaweiスマホの評判】iPhoneから機種変更したのでレビュー

⇒【LINE裏ワザ】削除した友達をバレずに再追加する方法

⇒【LINEPlay裏ワザ】通知が消えない時はこの方法でさくっと解決

⇒【中学生編】好きな人とのLINEの話題で絶対失敗しないのはこの3つ

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ