【中学生編】好きな人とのLINEの話題で絶対失敗しないのはこの3つ

こんにちは、ヤマトです。

今日は好きな人とのLINEの話題です。

 

LINEはお金を払わなくても、

トークや通話ができてしまいます。

 

お金を気にしなくても良いので、

中高生でもやる人がグンと広まってますよね。

 

携帯かパソコンさえ持っていれば誰でも使える。

電話料金の節約のためにLINEを使う人も多いんですよね。

さて、今回は好きな人とのLINEの話題です。

 

もう付き合っているならば、

話題なんて気にしなくても大丈夫です。

 

でも片思いの場合は重要。

何を話すかによって相手の好感度も変わってきますからね。

 

中学生の場合は学校で普段話すものの、

学校で話せない内容だって話せちゃうので、

LINEを上手く使って距離を近づけたいところです。

目次

【中学生編】好きな人とのLINEの話題で絶対失敗しない方法

 

まず大前提として、

会話は1日で終わらせようとしないことです。

 

どちらかが先に寝てしまえば、

翌日以降にも再びLINEできますよね?

 

その日の内に何かを決めないといけない。

こんなことはないので、何日も続く話題を選ぶことをオススメします。

また、ガッツキすぎないことも重要です。

 

すぐに返事を出すと相手も疲れちゃいますし、

「何か束縛されてるみたい」と感じるかもしれません。

 

部活や勉強もしながら、

空いた時間に返事をするくらいがちょうど良いんです。

 

さて、中学生がLINEの話題で必ず盛り上がれるテーマ。

これを3つ紹介します。

中学生編:話題1「部活ネタ」

 

これは鉄板です。

 

部活ネタの何が良いかというと、

その日の部活の様子を聞けることです。

 

次の日になったら忘れてしまうこともありますし、

終わったばかりの部活の話をリアルタイムで聞ける。

 

相手としても「あなただけに話した」わけですし、

自然と距離は近づきます。

 

ここでのポイントは、

「会話を長く続けようとしないことです」

 

部活で疲れていた場合、

何度もLINEをやるのが負担に感じるかもしれません。

 

「部活お疲れ様!」

「今はどんな練習してるの?」

 

質問は1つか2つにして、

相手に多くしゃべらせることを意識してください。

 

中学生編:話題2「テレビ」

LINE 友達 青丸 緑丸 黒丸 画像

テレビを見ない人はいません。

 

毎日ネタが発生し続けるわけですし、

困ったらテレビネタを使うのが一番です。

 

ここでのポイントは、

「相手に質問すること」

 

どんな番組にハマってるのかを聞いて下さい。

 

自分の好きな番組を相手が知らなければ、

そこで会話が終わってしまうかもしれません。

 

「その番組、私も観たことある!」

「今度観てみるね!」

 

相手から先に情報を聞き出せたら、

それに対してどんな返事もできちゃうのです。

中学生編:話題3「持ち物」

 

ストラップや筆箱、バッグなど、

相手の身につけてる持ち物について聞いて下さい。

 

「学校では聞けなかったんだけど…」

こんな前置きをつけて聞いてください。

 

身につけてるものについて聞かれて、

嫌な人はまずいません。

 

それに自分の身体に近づけば近づくほど、

親密さを感じやすいと心理学で言われています。

 

部活やテレビネタよりも、

相手の身につけているものが話題になる。

 

相手との距離を近づける上で、

必ず盛り込みたい話題ですね!


このページの先頭へ