【LINE裏ワザ】タイムラインを機種変更時に引き継ぐ方法

こんにちは、ヤマトです。

今日はLINEのタイムラインについてです。

 

自分の投稿が友達に表示され、

友達の投稿が自分に表示される。

 

Facebookの様な機能を備えており、

日記やプチブログとしても使えて便利。

 

また、これまでの記事で紹介した様に、

投稿の非表示設定ができたり、

一部の投稿を削除することもでき、

そして広告も非表示にできる。

 

自分の好みに合わせて

使い方を変えられるんですよね。

⇒LINEのタイムラインで特定の友達の投稿を非表示にする方法

⇒【LINE裏ワザ】タイムラインを非表示にしても速攻で復活できる!

⇒【LINEタイムラインの広告がうざい!】非表示にする裏ワザ

LINE ボイスメッセージ やり方 画像

さて、今回は機種変更時の引き継ぎ。

これに注目します。

 

LINEのデータはアプリ上に保存されており、

携帯を変えても引き継ぐことはできます。

 

タイムラインはもちろん、

スタンプ購入情報やトーク履歴まで、

すべての情報を引き継げるのです。

 

ただし、事前にある設定をしていないと、

1からLINEを始めることになります…

目次

タイムラインを機種変更時に引き継ぐ方法

 

まずLINEにアクセスするには、

登録時のメールアドレスとパスワードが必要です。

 

1度アクセスした状態であれば、

アドレスとパスワードの入力は求められないので、

うっかり忘れているケースもあります。

 

機種変更時に引き継げない多くの原因は、

登録したアドレスとパスワードを忘れていることです。

 

自分が設定した情報は、

LINE内で確認できます。
★メールアドレスの確認方法★

メニュー→設定→アカウント→メールアドレス登録

 

これでアドレスを確認できますし、

新たに別のアドレスを登録できます。

 

万が一パスワードを忘れてしまった場合は、

登録されてるアドレスに再送される仕組みになっています。

LINE 右上 赤い丸 画像

ここで間違えやすいのが、

キャリアのアドレスを設定していること。

 

「@docomo」「@ezweb」等のアドレスは、

異なるキャリアへ機種変更してしまうと使えなくなります。

 

yahooやgmailなど、

パソコンからアクセスできるアドレスを登録して下さい。

 

ただ、パスワードを忘れた場合でも、

機種変更前なら以下の方法で再設定ができます。

 

メニュー→設定→アカウント→メールアドレス登録→

パスワードの変更→パスワードを忘れた

そして機種変更時に電話番号が変更になる場合、

あるいはfacebookログインで使用していた場合、

機種変更前に「引き継ぎ許可設定」を行う必要があります。

 

メニュー→設定→アカウント→2段階認証

 

ここまでボタンを押して進むと、

「アカウントを引き継ぎ」というボタンが現れます。

 

これを「オン」にしてください。

 

ただし、この設定をしたら24時間以内に、

機種変更とLINEの引き継ぎを行う必要があります。

 

この設定は機種変更直前に行う様にしてください。

LINE 友達 再追加 画像

ここまでの設定ができたらパーフェクト。

新たな機種でLINEアプリをダウンロードし、

アドレスとパスワードを入力すれば、

タイムラインの情報は引き継げています。

 

まあ、機種変更前にタイムラインに、

「機種変更するので、しばらく音信不通になります」

と投稿しておくと安全ですね。


このページの先頭へ