カカオトークが落ちる原因と解決策を3分で解説!

こんにちは、ヤマトです!

本日はカカオトークについて取り上げます。

 

私はLINEとカカオトークどちらもやっていますが、

裏アカ的な感じでカカオトークは使っています。

 

ですがカカオトークを使っていると、

様々な不具合が発生することもあります。

 

今回取り上げる不具合も、

誰もが1度は経験したことがあるはずです。

目次

カカオトークが落ちる!

 

今回取り上げるのは「カカオトークが落ちる」現象について。

 

カカオトークを使っていて、

突然画面が落ちてしまったこと。

あなたも経験ありませんか?

 

いきなり画面がまっ暗になり、

ホーム画面に戻されてしまうと、

何だか気持ちも萎えてしまいますよね。

 

1度や2度ならまだしも、

頻繁にカカオトークが落ちている場合は、

原因を突き止め対策を打つ必要があります。

カカオトークが落ちる原因と解決策

 

まず最初に考えられるのが、

「混雑する時間帯にカカオトークを使っていること」

 

毎日21時〜翌1時までは

カカオトークを利用する人が多くなり、

その分だけ回線が混雑します。

 

電話の声が聞こえにくくなったりと、

混雑による影響をモロに受けることがあります。

 

そして混雑する時間に使っていると、

カカオトークが突然落ちることもあります。

 

解決策としては混雑する時間帯を避けること。

上記の時間で使っていて、

カカオトークが落ちないかどうかを確かめてみてください。

 

他のページを閉じる

それでも解決しない場合は、

カカオトーク以外のページを一度閉じてください。

 

ネットやアプリやメールなど、

複数のページを同時に開いている場合、

スマホが重くなってしまいます。

 

アプリを読み込む途中や使用中に

突然落ちてしまうこともあるのです。

 

ホーム画面に戻るのではなく、

×ボタンを押してページを閉じること。

これが解決策になります。

 

スマホを再起動する

それでも解決しない場合は、

スマホを再起動してください。

 

スマホを再起動すると(多少の)メンテナンス機能が働きます。

再起動するだけで問題なく

カカオトークが使える様になることは結構あります。

 

特に何日もスマホの電源を切っていない場合は、

再起動は必須で行って下さい。

 

電源を付けたままだとスマホに負荷がかかり、

不具合が起こりやすくなるのです。

 

速度制限が発生していませんか?

それでも解決しない場合は、

速度制限にかかっていないかを疑って下さい。

 

特に格安スマホユーザーに多いのですが、

一定期間に使用できる通信量を超えると、

速度制限がかけられてしまうのです。

 

ネットの読み込みが遅くなったり、

SNSに投稿できなくなったりと、

あらゆる所でスマホが使いにくくなってしまうのです。

 

速度制限にかかっている場合は、

制限が解除されるまで待って下さい。

 

あるいはWifiや自宅の回線に接続すること。

接続中は速度制限の影響を受けないのです。

 

それでも解決しない場合は…

スマホ本体の故障を疑ってください。

私も過去に1度だけあったのですが、

3年以上使っているiPhoneで

頻繁にカカオトークが落ちる様になりました。

 

気になってお店に相談したところ、

スマホ内部で経年劣化による故障が起きていました。

 

修理しても良かったのですが、

結構な値段がしたので機種変更をしました。

 

同じスマホを長く使っている場合は、

スマホの故障を疑ってみてくださいね。


このページの先頭へ