【朗報】facebook で友達申請を拒否しても相手はわからない

こんにちは、ヤマトです。

今日はfacebookについて取り上げます。

 

私も毎日の様にfacebookページを開いていますが、

LINEよりも気軽に使えますし、

Twitterと違ってほぼ実名でやっている人ばかりです。

 

初対面の人とも気軽に友達申請できますし、

Messengerを使えば個別のやり取りもできますね。

なぜ私に友達申請が?

SPONSORED LINK

ですが最近よく見られるのが、

見知らぬ人から友達申請が届くケース。

 

会ったことも話したこともない人から、

突然友達申請が来るケースも増えています。

 

理由は人それぞれですが、

最近多いのがビジネス目的の申請。

 

自分のfacebookアカウントを通して、

商品の宣言等を行う人は、

誰彼構わず積極的に友達申請をしています。

 

もし友達になっても、

相手の宣言投稿ばかりが流れて来るのは、

見ていても良い気分にはならないですよね。

 

あるいは見たことや話したことがあっても、

友達になりたくない人から申請が来ることもありますよね。

Facebookで友達申請を拒否したい!

SPONSORED LINK

こうした相手からの友達申請は、

拒否したいと思うのが普通でしょう。

 

ですが拒否してしまうと、

相手にどの様に通知されるのかが気になるでしょう。

 

相手のお知らせ欄に、

「あなたが友達申請を拒否しました」

なんて表示されたら、何か気まずいですよね…

 

かといって完全に相手をブロックするのも、

何だか気が引けますよね…

 

 

ですが安心して下さい。

あなたがfacebookで友達申請を拒否しても、

相手に通知が届くことはありません。

相手にバレずに友達申請を拒否することができるのです。

 

私も友達申請は普通に拒否していますが、

相手に通知が届かないため、

その後に連絡が来ることはほぼありません。

あなたが友達申請を拒否したことに

もし相手が気づくとすれば、

相手があなたのアカウントを見た時。

 

友達申請を送っている時は、「申請中」と表示されますが、

申請が拒否されたら、「友達申請を送る」という様に、

ボタンの表示が変わっているのです。

 

もし相手が気づくとすれば、これだけですね。

 

相手は何度でも友達申請を送ることができますが、

もちろんあなたは何度でも拒否することができます。

 

相手に具体的な通知が届くわけではないので、

安心して拒否したい相手の申請は拒否して下さいね。

★合わせて読みたいFacebookの記事はこちら★

⇒Facebookで偽名でもばれない方法【というか、そもそもバレない】

⇒Facebookでタグ付けを外す方法【既に投稿された写真にも使える】

⇒Facebookで既読をつけないでメッセージを読むならボタンを押すだけ

⇒Facebookの公開範囲を自分のみにする方法【バレずに修正できる】

⇒Facebookのプロフィール変更を友達に通知しない方法【1分で設定完了】

⇒【メッセンジャーの通話が聞こえない】一瞬で聞こえやすくする方法

⇒フェイスブックのメッセージで改行するにはEnterじゃなくShift

⇒Facebookのメッセージで既読をつけないで確認する【裏ワザ】

⇒Facebookのメッセージで位置情報を消し去る【裏ワザ】

⇒【Facebookの友達がタグ付けできない】実はあなたのせいじゃない

⇒Facebookを友達以外見れない様にする方法【投稿やプロフ写真にも?】

⇒【Facebook裏ワザ】友達から削除してもばれない方法

⇒【実は超簡単】Facebookで一度削除した友達を復活させる方法

⇒【Facebookが乗っ取られた!】被害を最小限に防ぐ即効対策を実体験から

⇒【疑惑を検証】Facebookで友達以外の人にメッセージは届かないのか?

⇒Facebook偽名アカウントの停止が急増中?【これさえ守れば大丈夫!】

⇒Facebookに偽名登録したのにばれた!?【こんなケースは要注意】

SPONSORED LINK

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ